5.任意整理の短所

借金整理の方法の一つである任意整理ですが、借金が軽減されるという大きなメリットがありますが、では何か欠点、デメリットはあるのでしょうか。例えば任意整理と同じく借金の整理の手段である自己破産の場合、借金が帳消しになる一方で、不動産や自動車等の財産も一緒に処分されると言うデメリットがあります。また自己破産は裁判所において行ないますが、裁判所から面積が認められなければ自己破産による借金整理ができばい、といった欠点もあります。では借金整理の方法として任意整理を選んだ場合、任意整理には何か欠点があるのでしょうか。ここでは任意整理の欠点についてみていくことにします。
任意整理を行なった場合、他の借金整理の手続き同様、任意整理についても信用情報機関に事故情報として登録されることになります。信用情報機関及び事故情報等と言った書き方をしましたが、言い換えれば即ちブラックリストに載るという状態です。従って任意整理の手続きをしてから数年間は、ローンやクレジットを利用するといったことができなくなります。
任意整理による借金整理をしたとしても、ブラックリストに載ると言う形でローンが受けられなかったりします。そういった形で、日常生活に一定の支障は出ます。ですが任意整理の場合、それ以上生活に支障が出ることはないと言ってもいいでしょう。まず何といっても任意整理の場合、裁判所を通さない手続きなので、裁判所に行く必要がありません。というとは、仕事を休んだり日中に外出したりする必要もないので、職場や家族などの周囲に知られることもありません。任意整理で借金の整理を行なっていることを家族も含めて周囲に知られたくないという人には、任意整理はお勧めだと言ってもいいでしょう。
また自己破産とは違って、財産を処分されることもありませんので、財産を失いたくないと言う人には、任意整理は最もいいでしょう。ついでに言えば異なる債権者からいろいろな借金をしている場合、任意整理でしたら任意整理の依頼者が任意で、任意整理をしたい借金だけを選んで整理することができます。これが自己破産等他の借金整理方法でしたら、借金整理に選択はできず、全ての借金が同じように整理させることになります。

ここまで任意整理について紹介しましたが、相対的に言えば債務整理の手続きの中では任意整理が一番デメリットの少ない方法だと言えるのではないでしょうか。

Favorite

熊本市で結婚式を開く

2018/8/8 更新